札幌血液がん検査.jpeg

 一度の採血で 

「がん」のリスクが分かる

 メタロ・バランス検査 

メタロバランス検査 4つ の安心

費用負担が軽い

血液 がん検査

医療機関で検査

血液 がん検査

個人の方向け

血液 がん検査

短時間検査

血液 がん検査

血液だけで「がん」検査

Metallo-balance

Do-Clinicでは採血だけで「がんリスク」が分かるメタロ・バランス検査を行っています。Do-Clinicは整形外科クリニックですが、がんの早期発見は当院の「健康寿命を延ばす」というにミッションの達成において重要だと考え、この検査を取り入れました。我が国における死因のトップであるがんを早期に見つけることで、みなさんの健康寿命の延伸にお役立てできれば幸いです。

札幌血液がん検査.jpg

日本のがん検診について

日本のがん検診の受診率は先進国の中で極めて低いのが実情です。平成28年に実施された「国民生活基礎調査」によると、日本のがん検診受診率は、男性では4〜5割程度、女性では3〜4割となっています。がん検診の受診率が上がれば、もし「がん」になった場合でも早期に発見できる可能性が高まります。

採血.jpg

採血で行うがん検査とは

About MB

わずか6mlの採血で血液中の亜鉛など17種の微量元素濃度を測定し、健康な人と「がん」である人の微量元素濃度のバランスの違いを統計学的手法で解析することで、現在「がん」であるリスク(可能性)をスクリーニング(ふるい分け)評価し、自覚症状が出る前のより早い段階でのがん発見を目的とするまったく新しい検査です。男性6種類、女性9種類のがんを同時に検査可能です。

検査で分かる「がん」の種類

Types of cancer

デスクワークをする男性

男性の「がんリスク」

肺がん

胃がん

肝臓がん

すい臓がん

大腸がん

前立腺がん

ノートパソコンに向かう女性

女性の「がんリスク」

肺がん

子宮頸がん

胃がん

子宮体がん

肝臓がん

卵巣がん

すい臓がん

大腸がん

乳がん

採血で行うがん検査 検査方法

Method of examination

採取した血液を遠心分離という操作を行い、血清という部分のみ採取します。その血清部分に含まれる微量金属元素の量を測定します。これまでの研究データから、がんの患者さんではがん種ごとに体内の微量金属元素の量が変化することがわかっていますので、その金属元素のバランスががん患者の傾向と比較解析することで、「がん」を発症している可能性(がんリスク)を評価することができます。

 

それぞれの「がん」について、現在「がん」である確率を0.0〜10.0の数値(MBスコア)で報告します。数値が高いほど、「がん」であるリスク(確率)が高くなります。またこのリスクを判断する目安として、「A判定」「B判定」「C判定」「D判定」の4段階に分類されます。一般的な集団の中で「がん」がみつかる確率は1000人に1人と言われています。

 

メタロ・バランス検査の場合は、たとえば男性の方が大腸がんで「A判定」と判定された場合、「大腸がん」である確率は1/3000となり、一般的な集団よりも可能性が低いことを示します。一方、もし「D判定」となった場合は、「大腸がん」である確率は1/14であり、可能性が高いことが示されます。したがって「D判定」のがん種があれば、そのがん種をみつけるための精密検査をお勧めする状態です。※注意:「D判定」となった場合でも、「がん」である確率は1/14であり、逆をいえば13人の方は精密検査を受けても「がん」ではないと診断されます。

 

採血で行うがん検査 検査の流れ

Flow

01

​予約

予約方法に従い予約します。予約方法はこちらからご確認下さい。

03

採血

6mlの採血を行います。検査に必要な処置はこれだけです。

05

終了

来院からお帰りまで所要時間は10~15分程度です。

02

来院・受付

予約時間に当院へ来院していただき、受付をします。

04

止血

止血の間、簡単な検査の説明を受けていただきます。

採血で行うがん検査の費用

Price

メタロ・バランス検査は他のがん検査よりも手軽で、しかも同時に複数のがんのリスクを調べることができることが最大の魅力ですが、費用が安く経済的負担が少ないことも大きな魅力です。

メタロ・バランス検査

16,500円(税込)

 

採血で行うがん検査の留意点

Caution

この検査は、採血時点での「がん」のリスクを評価するものであり、「がん」であるか否かをはっきり判断(確定診断)するものではありません。

血液 がん検査

採血で行うがん検査の開発背景

Story

「メタロ・バランス検査」を開発した株式会社レナテックでは、「体調に変異を来すと血清中の微量金属元素濃度が変化する」という学説をもとに、がんにおいても微量金属元素濃度が変化するに違いないとの仮設を立てました。そして共同研究先の千葉県がんセンター研究所および神奈川県立がんセンター臨床研究所から提供された「がん罹患者」「健常者」の血清を使って、がん罹患時に変化する微量元素(Zn、Cu、Fe、Se、P、Mg、Rb、Moなど)を特定すると共に、微量元素濃度を安定的に低コストで測定する技術を確立しました。メタロ・バランス検査は受検者の方の血液中の微量元素等の濃度をがん罹患者のものと比較解析することで、その類似度合いをもって、がんを発症している可能性(がんリスク)としています。

テレビで紹介されました

Media

2021年1月18日 情報番組【イチオシ!!】地域情報番組にて当院の「血液検査でガン診断」が放送されました。

当院について

Clinic

院長 道家孝幸.jpg

​院長 道家孝幸

  • 日本整形外科学会専門医

  • 日本骨粗鬆症学会認定医

  • 日本体育協会公認スポーツドクター

  • 日本整形外科学会認定スポーツ医

  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医

  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

  • 日本整形外科学会認定リウマチ医

  • World Rugby Immediate Care in Rugby Level 2(グランドドクターの国際資格)

  • ロコモアドバイスドクター

Do-Clinic 整形・運動器リハビリテーション

札幌市中央区南1条西14丁目291-81

​ウィステリア南1条ビル3F

入口ホール.jpg

メタロバランス検査

予約はこちら